コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南宮神社 なんぐうじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

南宮神社【なんぐうじんじゃ】

岐阜県垂井町に鎮座。旧国幣大社。金山彦(かなやまひこ)命をまつる。鉱山業者の信仰が厚い。延喜式内の名神大社に比定され,美濃国の一宮。例祭は5月5日に羯鼓(かっこ)踊,脱下舞,竜子舞などがあり,11月8日の金山祭(鞴祭)には全国の鉱山・金属業者が参詣する。
→関連項目垂井[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんぐうじんじゃ【南宮神社】

岐阜県不破郡垂井町宮代に鎮座。金山彦(かなやまひこ)命を主神とし,彦火火出見(ひこほほでみ)命,見野命を配祀する。創建年代不詳。古くは仲山金山彦神社と称し,765年(天平神護1)神封1戸を寄せられ,神階しだいに進めて873年(貞観15)正二位,延喜の制で名神大社,940年(天慶3)平将門の乱にあたり朝廷より祈願,1017年(寛仁1)後一条天皇が一代一度の大奉幣を奉納した。美濃国一宮。国府の南に鎮座するためか,現社名となった時期は不明であるが,《今昔物語集》にすでに南宮とある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なんぐうじんじゃ【南宮神社】

岐阜県垂井町宮代にある神社。祭神は金山彦命かなやまびこのみこと。美濃国の一の宮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の南宮神社の言及

【垂井[町]】より

…洋ラン,干しガキ,茶が特産。揖斐関ヶ原養老国定公園,伊吹山県立自然公園に属し,美濃国分寺跡,竹中氏陣屋跡,南宮神社など史跡も多い。【上田 雅子】
[垂井宿]
 古代の不破駅の所在地は垂井とも青墓ともいわれる。…

※「南宮神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南宮神社の関連キーワード岐阜県不破郡垂井町宮代岐阜県不破郡垂井町南宮の神事芸能独笑庵山甫山彦柏淵静夫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南宮神社の関連情報