コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜頭 タツガシラ

9件 の用語解説(竜頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たつ‐がしら【竜頭】

竜の頭の形をしたもの。兜(かぶと)の前立物、または葬礼の旗頭につけて飾りとする。りゅうず。
竜(たつ)の口1」に同じ。

りゅう‐ず〔‐ヅ〕【竜頭】

竜の頭。また、それをかたどったもの。
釣鐘を梁(はり)につるすためのつり手。
仏具の幡(ばん)のさおの先につけるつり手。
兜(かぶと)の前立(まえだて)につける飾り。たつがしら。
腕時計懐中時計ぜんまいを巻き、針を動かすためのつまみ。

りゅう‐とう【竜頭】

りょうとう(竜頭)」に同じ。

りょう‐とう【竜頭】

《「りょうどう」とも》竜のあたま。特に、船首に取りつけた竜のあたまの装飾。また、それを取りつけた船。りゅうとう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たつがしら【竜頭】

竜の頭の形をした物。特に、竜の形をした兜の前立物。また、葬礼の旗竿の先などにつける竜の形の作り物。
和船で、長く突き出た水押みよしの称。

りゅうず【竜頭】

竜の頭。また、その形をしたもの。
釣り鐘の頂部につけた、梁はりにかけるためのつり手。 → 梵鐘
仏具で幡ばんをつるすもの。
かぶとの前立まえだての飾り。たつがしら。
腕時計などで、針を動かしたりぜんまいを巻いたりするためのつまみ。

りゅうとう【竜頭】

りょうとう【竜頭】

竜の頭。たつがしら。りゅうとう。
船首に竜の頭の彫り物を取りつけた船。 → 竜頭鷁首げきす

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜頭
りゅうとう

鉱柱」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竜頭の言及

【幡】より

…東京都普済寺,石造六面宝幢,延文6年(1361)銘など),この形式の成立は存外古いかも知れない。幡や幢の懸垂に用いるものとして竜頭(りゆうとう)がある。幡竿の先端を飾るもので竜の頭と胴の一部をつくる。…

※「竜頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜頭の関連キーワード九月春耕炭火茶畑水洟麦扱き麦埃隆・柳・流・溜・留・硫・立・竜・粒・隆・龍ブレス オブ ファイア〜竜の戦士〜竜南

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜頭の関連情報