南極海峡(読み)ナンキョクカイキョウ

  • なんきょくかいきょう〔カイケフ〕

デジタル大辞泉の解説

南極大陸の南極半島北東端とジョインビル諸島を隔てる海峡。長さ約50キロメートル、幅10~20キロメートル。1902年にスウェーデン南極探検隊が初めて航行した。名称は、同隊所属の船アンタークティック(南極)号にちなむ。棚氷が崩壊してできたテーブル状氷山が多く、ジェンツーペンギンアデリーペンギンヒョウアザラシなどの繁殖地になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる