コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極海峡 ナンキョクカイキョウ

デジタル大辞泉の解説

なんきょく‐かいきょう〔‐カイケフ〕【南極海峡】

南極大陸の南極半島北東端とジョインビル諸島を隔てる海峡。長さ約50キロメートル、幅10~20キロメートル。1902年にスウェーデン南極探検隊が初めて航行した。名称は、同隊所属の船アンタークティック(南極)号にちなむ。棚氷が崩壊してできたテーブル状氷山が多く、ジェンツーペンギンアデリーペンギンヒョウアザラシなどの繁殖地になっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

南極海峡の関連キーワード南極大陸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android