コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚氷 たなごおりice shelf

翻訳|ice shelf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棚氷
たなごおり
ice shelf

海面上の高さが 2m以上で,表面が平坦な氷塊氷棚ともいう。大規模なものは氷床縁辺のはり出し部にみられ,陸氷の押し出し,表面への積雪,底部への海氷の付着などによって成長する。広義には越年を重ねた湾氷が発達してできるものも含む。卓状氷山の主供給源となる。南極地域のみにみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たなごおり【棚氷】

氷床の縁部が海上に張り出して浮いている氷原。氷厚200~600メートル、時に1000メートルに達し、表面はほぼ平坦か、あるいは緩やかに起伏する。後背部は陸につながり、先端部では卓状氷山を分離して急崖をなす。南極大陸のロス棚氷・フィルヒナー棚氷など。氷棚ひようほう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の棚氷の言及

【氷山】より

…氷の中には,積雪時のすきまの空気が圧縮された気泡の姿で閉じ込められている。南極大陸の周縁には大陸氷が張り出して海に浮かんだ棚氷ice shelfが数多く見られ,それが割れると上面の平らな卓状氷山となる。その大きなものは,海面上の高さが100m,幅が150kmにも達する。…

※「棚氷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

棚氷の関連キーワードフィルヒナーロンネ棚氷マリー・バード・ランドマリー・バード・ランドマクロバートソン海岸マリーバードランドフィルヒナー棚氷アレクサンダー島ウィルキンス棚氷エレバス[山]ランバート氷河マクマード入江マクマード基地アメリー棚氷バークナー島ホエールズ湾コーツランドウィランズ湖ウェッデル海ラーセン棚氷ラルセン棚氷

棚氷の関連情報