コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部アフリカ ナンブアフリカ

デジタル大辞泉の解説

なんぶ‐アフリカ【南部アフリカ】

アフリカ南部を占める地域。ボツワナナミビア南アフリカ共和国スワジランドレソトからなる。大半をステップ気候が占めるが、南端のケープタウン周辺は地中海性気候がみられる。17世紀以降、イギリスオランダドイツなどが植民地争奪を繰り広げたが、現在は経済的に南アフリカ共和国の強い影響下にある。
[補説]アンゴラザンビアマラウイモザンビークジンバブエコモロマダガスカルモーリシャスを含める場合がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

南部アフリカの関連キーワードカーマ(Seretse Khama)南部アフリカ地域安全保障機構ローデシア・ニヤサランド連邦南部アフリカ開発調整会議ザバナ・ヌトレニャナ山南部アフリカ開発共同体クリューガーズドルプ南部アフリカ前線諸国タバナヌトレニャナ山ペール エンゲバックブラック・アフリカアフリカーンス語アフリカ独立教会ジョゼフ ブースモノモタパ王国リビングストンジンバブウェコイサン語族中部アフリカアフリカーナ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南部アフリカの関連情報