コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単一銀行免許 たんいつぎんこうめんきょsingle banking licence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単一銀行免許
たんいつぎんこうめんきょ
single banking licence

ECでは,域内のどこかで銀行業務をしている銀行 (単一銀行免許を取得している銀行) には他の加盟国でも免許を取らなくても営業できる金融市場の開放を,第2次銀行指令 (1989年6月採択) でうたっている。同指令には域外との相互主義規定も含まれているが,ECが想定する銀行とは証券業務などを含め総合的金融業務を営むユニバーサルバンクになっていることから,日本やアメリカなど銀行と証券との間に垣根を設けている国は,ECでの免許取得ができなくなる恐れがあった。こうした事態を回避するため,海外から EC内に銀行子会社を設立する動きが相次いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

単一銀行免許の関連キーワードEC銀行指令

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android