単一銀行免許(読み)たんいつぎんこうめんきょ(英語表記)single banking licence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

単一銀行免許
たんいつぎんこうめんきょ
single banking licence

ECでは,域内のどこかで銀行業務をしている銀行 (単一銀行免許を取得している銀行) には他の加盟国でも免許を取らなくても営業できる金融市場の開放を,第2次銀行指令 (1989年6月採択) でうたっている。同指令には域外との相互主義規定も含まれているが,ECが想定する銀行とは証券業務などを含め総合的金融業務を営むユニバーサルバンクになっていることから,日本やアメリカなど銀行と証券との間に垣根を設けている国は,ECでの免許取得ができなくなる恐れがあった。こうした事態を回避するため,海外から EC内に銀行子会社を設立する動きが相次いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android