単式蒸留機(読み)たんしきじょうりゅうき

飲み物がわかる辞典「単式蒸留機」の解説

たんしきじょうりゅうき【単式蒸留機/単式蒸留器】


焼酎乙類モルトウイスキーコニャックなどの蒸留に用いる蒸留機で、原料の発酵液を1度の蒸留ごとに投入するもの。アルコール度数をあげるためには2~3回蒸留を繰り返す。手間がかかるが、原料の特長を生かした、香り高く味わい深いになる。◇「ポットスチル」ともいう。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の単式蒸留機の言及

【蒸留酒】より

…アランビックは,ヘレニズム文化の伝播(でんぱ)にともない,蒸留技術とともに東西にひろまった。現在,世界の蒸留酒に使われている蒸留機には,単式蒸留機と連続式蒸留機とがあるが,いずれもアランビックを基本とし,それを改良,変形したものといえる。すなわち,アレクサンドリア時代のアランビックは,細口,首長の円底フラスコに,下向きのくちばしをつけた帽子形の頭部(アランビック)を,空冷用としてかぶせたものであった。…

※「単式蒸留機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android