コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単核食細胞系

栄養・生化学辞典の解説

単核食細胞系

 体内の食作用を行う単核球とその前駆体細胞の集合をよぶ概念.従来,網内系もしくは細網内皮系とよばれ,体内のマクロファージの総体を仮定した概念とされたが,そのあいまいさのため,現在は単核食細胞系とよぼうとの提案がなされている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の単核食細胞系の言及

【マクロファージ】より

… マクロファージの個体発生的起源については不明の点が多い。高等脊椎動物では,ほとんどのマクロファージ(すべてという主張もある)は血液の単球に由来し,それらを単核食細胞系と呼ぶことがある。単球は全身のどこの炎症部位にも浸潤し,遊走性マクロファージになる。…

※「単核食細胞系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android