コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細網内皮系 さいもうないひけい reticuloendothelial system; RES

6件 の用語解説(細網内皮系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細網内皮系
さいもうないひけい
reticuloendothelial system; RES

網内系ともいう。生体染色が陽性で,異物を摂取するなど,共通の機能を示す間葉性の細胞群の総称。一つの機能系としての概念を,ドイツ病理学者アショフが 1929年に提唱した。これに属するものは,リンパ節や脾臓などの細網組織,肝臓,骨髄,副腎,下垂体などの細血管の内皮細胞,間隙組織中の組織球などであるが,さらに単核球を加えることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいもう‐ないひけい〔サイマウ‐〕【細網内皮系】

免疫や食作用など、身体の防衛的な働きをする同一系統の組織。網状に連絡しあうリンパ節・脾臓(ひぞう)・骨髄・胸腺・肝臓などの細網組織系と、リンパ管・静脈血管の内面を覆う内皮細胞とからなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

細網内皮系【さいもうないひけい】

網内系とも。リンパ節,脾(ひ)臓,骨髄の細網組織細網細胞,肝臓や副腎の器官内部の血管内皮細胞などの総称。色素を注入するとそれらをとりこみ,よく染まるところから,食細胞機能を持つとされてきたが,現在では否定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

細網内皮系

 網内系ともいう.老廃物などを貪食する細胞に富み生体の防御システムとされる.マクロファージ,その前駆細胞,肝臓,脾臓,骨髄などのシヌソイドとよばれる部分の特徴的な表皮細胞などが系を構成している.この概念のあいまいさのために現在では単核球とその前駆体細胞の集合とし,単核食細胞系とよぼうと提案されている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいもうないひけい【細網内皮系】

古い赤血球や病原菌などを貪食し、消化する防御組織系。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細網内皮系
さいもうないひけい

体の各部に分布し、後述するようなさまざまな作用をもつ細胞の総称。細網内皮系の名称は1924年にドイツの病理学者アショフによって提案され、現在も広く用いられているが、その概念は研究方法の発展などによって大幅に変わってきている。アショフによって最初に考えられた細網内皮系とは、1893年ロシアの動物学・病理学者メチニコフが「大食細胞系」と名づけたすべての大食細胞に、肝臓、脾(ひ)臓、骨髄内の洞様毛細血管(類洞とよぶ)の壁に配列する食作用能力をもつ特殊な内皮細胞を含めたものであった。これらの細胞は類似の貪食(どんしょく)性があり、トリパン青のような体染色染料を細胞体内に取り込み、貯留する性質があることから同一集団としたものであった。しかし、その後の研究によって細胞発生源が明らかにされると、細網内皮系のうち、内皮細胞成分以外の細胞系は「単核食細胞系」として統合されるようになった。この単核食細胞系は、血液中の単球とその前駆細胞(骨髄内に存在する)に由来するもので、体中の結合組織内の組織球、大食細胞、肝臓の星(せい)細胞(クッペル細胞)、肺臓、リンパ節、胸膜、腹膜組織内の大食細胞、その他の器官の組織大食細胞など、多種類の細胞系を含んでいる。これら細胞系の特徴は、同じ発生起源をもち、血液の単球を経てできるもので、旺盛(おうせい)な食作用があり、血液やリンパ内の異物を処理したり、生体内のタンパク質・脂肪などの物質の貯蔵、同化・異化作用による新陳代謝に関与し、細胞膜上に免疫グロブリンに対する受容部位をもっている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の細網内皮系の言及

【炎症】より

…なかでもマクロファージは最も活発に貪食作用を示す細胞で,その大部分は血液中の単球に由来することから,マクロファージと単球とを合わせて単核細胞貪食系mononuclear phagocytic systemと呼ばれている。血液以外から由来するマクロファージは,組織に存在する組織球,肝臓のクッパー星細胞,肺の肺胞マクロファージ,リンパ節や脾臓にあるマクロファージおよび胸膜や腹膜上皮由来のマクロファージなど,いわゆる細網内皮系reticuloendothelial systemといわれているものに属する細胞である。
[炎症の種類]
 炎症は,その持続期間によって分類すると,ほぼ1ヵ月以内に消える急性炎症acute inflammation,数ヵ月から数年にわたる慢性炎症chronic inflammationに分けられ,その中間の炎症は亜急性炎症subacute inflammationという。…

【細網組織】より

…骨髄では各種の段階の造血細胞が多い。細網組織の毛細血管やリンパ洞の内皮も細網細胞と同じように組織球(大食細胞)に化して異物をたべこむと考えられ,細網内皮系retikuloendotheliales systemとしてとりあつかわれてきたが,現在では細網細胞も内皮も異物をとりこむ能力はほとんどないと考えられている。細網組織の基質は疎性結合組織の基質と同じと考えてよく,多糖類や糖タンパク質が存するほか,組織液が流れている。…

※「細網内皮系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

細網内皮系の関連キーワード偽陽性生体染色疑陽性オートソームグラム染色法生体異物単核食細胞系メタクロマジー網内系超生体染色

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone