コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博多祇園山笠行事

1件 の用語解説(博多祇園山笠行事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

博多祇園山笠行事

福岡県博多区の櫛田神社を中心に毎年7月上旬に行われる祭り。起源は鎌倉時代に遡るとされる。1979年、国の重要無形民俗文化財に指定されている。市内各所に豪奢な「飾り山」が置かれ、さまざま神事が約半月にわたり行われる。中でも最終日、重さ約1トンにもなる「舁山(かきやま)」が男衆に引かれて「オイッサ、オイッサ」の掛け声とともに境内を目指し市内を疾走する「追い山笠」の行事が有名。祭りの正式名称は「櫛田神社祇園例大祭」。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

博多祇園山笠行事の関連情報