コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛田神社 クシダジンジャ

デジタル大辞泉の解説

くしだ‐じんじゃ【櫛田神社】

福岡市博多区にある神社。旧県社。祭神は大幡主神(おおはたぬしのかみ)・天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)・素盞嗚神(すさのおのかみ)。7月に山笠神事が行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

櫛田神社

富山県射水市にある神社。第14代仲哀天皇の御代の創祀とされる。祭神は素盞鳴尊(すさのおのみこと)、櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)。夫婦円満・縁結びの神として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

くしだじんじゃ【櫛田神社】

福岡市博多区にある神社。祭神は大幡主神おおはたぬしのかみ・天照皇大神・素戔嗚神すさのおのかみ。例祭は「博多祇園山笠」として知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛田神社
くしだじんじゃ

福岡市博多(はかた)区上川端町に鎮座。祭神は大幡主神(おおはたぬしのかみ)、天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)、素盞嗚神(すさのおのかみ)。創建については、757年(天平宝字1)伊勢(いせ)国(三重県)の櫛田神社の分霊を勧請(かんじょう)したものともいい、また一説に、941年(天慶4)山城(やましろ)国(京都府)の祇園(ぎおん)社を勧請したのに始まるともいう。旧県社。博多の総鎮守とされ、例祭日7月1日~15日は古来、「博多(はかた)祇園山笠(やまがさ)」と称され、舁(ひ)き山笠12本、飾り山笠13本が建ち、それらが市中を回るにぎやかな祭りで、国の重要無形民俗文化財。『九州軍記』永享(えいきょう)4年(1432)の条にはすでに祇園山笠行事について記事がみられる。[佐野和史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

櫛田神社の関連キーワード福岡県福岡市博多区上川端町碇石(いかりいし)博多祇園山笠行事博多どんたく博多祇園山笠富山県射水市福岡(市)串田新遺跡川端商店街博多山笠どんたく鎮西探題祇園山笠謝国明例祭神埼

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

櫛田神社の関連情報