コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険回避者 きけんかいひしゃrisk averter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

危険回避者
きけんかいひしゃ
risk averter

危険を伴う行動において,危険は小さければ小さいほど良いと考え,危険を追加的に負う場合には,それに見合った十分な収益の増加による補償を望む人々のことをいう。危険の大きさには無関心で,収益の大きさのみで危険を伴う行動を評価する危険中立者や,危険の存在そのものを好み,収益の大きさが同じであればより危険の大きい行動を好む危険愛好者と対比される。危険回避者という考え方は,ポートフォリオ理論や貨幣需要を説明する理論の基礎となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の危険回避者の言及

【不確実性】より

…ある期待値をもった変動収益と効用の点でまったく無差別であるような確定収益を,その変動収益に対する確実性等価と呼び,変動収益の期待値とそれに対する確実性等価の差(通常は前者のほうが大きい)をリスク・プレミアムと呼ぶ。また,異なった分散―変動性をもち,同じ大きさの期待値をもつような二つの変動収益の間の選好に関連して,期待値が同じであれば,より分散の小さい,変動性の低いほうを選好する人(通常の企業の選好態度)を危険回避者(risk avertersの訳で〈危険を回避する人〉とも訳す)と呼び,それに対して,より分散の大きい,変動性の高いほうを選好する人(ばくち好きの人の選好態度)を危険愛好者(risk loversの訳で〈危険を好む人〉とも訳す)と呼ぶ。確率的表現を許す,この種の不確実性下の行動選択問題に関連して,選択ルールとして収益そのものの期待値の最大化をとる代りに,収益の効用の期待値の最大化を提唱するのが,J.フォン・ノイマン,O.モルゲンシュテルンによって基礎づけがなされた期待効用理論である。…

※「危険回避者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android