コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即応態勢 そくおうたいせいcombat readiness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即応態勢
そくおうたいせい
combat readiness

有事に自衛隊がただちにその能力を発揮できるよう,指揮運用面で十分な態勢を整えること。陸上自衛隊では,人員の充足率を高めるとともに,北海道における初期対処能力を向上させ,海上自衛隊では,ミサイル,弾薬,魚雷,機雷等を常に実装化して部隊に配備することであり,航空自衛隊では,警戒待機を継続するとともにパイロット練度を維持するなど,3自衛隊の任務・特性に応じて即応態勢維持に求められる内容は多岐にわたる。 1978年に栗栖弘臣統合幕僚会議議長が,全く予期できない攻撃に対応する (奇襲対処) ための法制度が整備されておらず,奇襲を受けた際に前線の指揮官は「超法規的な行動を取らざるをえない」と発言し話題となったが,こうした指揮命令権の問題も即応態勢の整備と密接な関連を持つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

即応態勢の関連キーワード太平洋戦争史(年表)基盤的防衛力構想在日アメリカ軍戦略空軍

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即応態勢の関連情報