コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奇襲 キシュウ

3件 の用語解説(奇襲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐しゅう〔‐シフ〕【奇襲】

[名](スル)相手の油断、不意をついて、思いがけない方法でおそうこと。不意打ち。「敵の背後から奇襲する」「奇襲攻撃」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きしゅう【奇襲】

みずからの攻撃企図および行動を秘匿し,敵の予期しない時期,場所,方法などによって敵の意表をつき,対応のいとまを与えないように打撃を加える戦術をいう。敵の意表に出ることは,機を制し勝を得る要道である。近代戦ではつぎつぎと威力強大な新兵器が突如として使用され,大規模な奇襲が行われるようになり,戦略的奇襲という語が使用されている。奇襲のほか強襲,急襲と称する戦法がある。強襲とは,自軍の企図を敵が察知あるいは判断して準備している堅固な陣地を,敵よりもさらに強大な戦力で圧倒し,一挙に攻撃を強行すること,急襲とは,みずからの企図を秘匿し,不意に襲撃することをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きしゅう【奇襲】

( 名 ) スル
不意をついて敵を攻めること。 「背後から-する」 「 -戦法」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の奇襲の言及

【戦略・戦術】より

…この戦闘で兵站(へいたん)線の伸び切ったドイツ軍は,アメリカから戦車など多数の物資の補給を受け,満を持したイギリス連邦軍の前に,初めて敗北したのである。 次に重要な要素として〈奇襲の原則〉があげられる。奇襲は一般的には優勢獲得の基礎要因とされており,戦術的な場面で用いられることが多い。…

※「奇襲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奇襲の関連情報