部隊(読み)ブタイ

デジタル大辞泉 「部隊」の意味・読み・例文・類語

ぶ‐たい【部隊】

軍隊の編制上の組織。「機甲部隊
集団的な行動をとる人々の集団。「買い出し部隊
[類語](1軍隊軍勢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「部隊」の意味・読み・例文・類語

ぶ‐たい【部隊】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 軍隊等の編制上の各級組織の総称
    1. [初出の実例]「凡車駕有臨幸、若夜行、部隊主帥〈略〉各相弁識」(出典令義解(833)官衛)
    2. [その他の文献]〔隋書‐流求伝〕
  3. 旧日本陸軍の軍隊、学校、特務機関、また、戦時における特設機関の総称。〔陸軍刑法(明治四一年)(1908)〕
  4. 集団的な行動をとる人々の集まり。
    1. [初出の実例]「たま拾と称する一部隊を設けて」(出典:吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「部隊」の読み・字形・画数・意味

【部隊】ぶたい

一編成の軍。〔隋書東夷、流求伝〕土に山洞多し。~洞各を爲し、相ひ救助せず。兩陣相當るときは、三五人、に出でて跳噪し、(こもごも)言ひて相罵り、因りて相射す。

字通「部」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android