有事(読み)ゆうじ

精選版 日本国語大辞典「有事」の解説

ゆう‐じ イウ‥【有事】

〙 ふだんと変わった事件。また、戦争が起こること。
※集義和書(1676頃)一四「かねて有事・無事一ならんことをねがひ侍り」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「有事の日に於ては」

あり‐ごと【有事】

〘名〙 ありのままのこと。実にあること。
※史料編纂所本人天眼目抄(1471‐73)一「今もあり事なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「有事」の解説

ゆう‐じ〔イウ‐〕【有事】

戦争や事変など、非常の事態が起こること。「一朝有事の際」
[類語]戦時非常時乱世事変革命戦争非常いくさたたか戦役せんえきえきへい兵馬へいば兵戈へいか干戈かんか会戦合戦かっせん交戦戦火兵火戦乱兵乱戦雲戦塵せんじん戦禍せんか大戦戦闘緊急急難異変変事珍事ハプニング奇跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「有事」の解説

【有事】ゆう(いう)じ

事あり。事変がある。宋・李格非〔洛陽名園記〕天下無事に當りては、則ち已(や)む。事れば、則ち洛陽必ず先づ兵を受く。予(われ)に嘗(かつ)て曰く、洛陽のは、天下治亂のなりと。

字通「有」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android