コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵肉兼用種 らんにくけんようしゅ

1件 の用語解説(卵肉兼用種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵肉兼用種
らんにくけんようしゅ

産卵性と産肉性の両者を育種,改良した鶏の品種で,卵用種,肉用種に劣らない能力をもつもの。横斑プリマスロック,白色ロックニューハンプシャー,ロードアイランド・レッドなどの品種があるが,肉用種に比べて産卵数が多いことから,最近では若鶏ブロイラー生産のための一代雑種作成の雌系統に利用されることが多くなり,兼用種として卵や肉生産の目的で飼育されることは少くなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卵肉兼用種の関連キーワード育種交雑育種法食肉性二卵性双生児鶏がら育種家鮮肉性魚粉ヴァインベルクの法則(臨床医学)ワインベルクの法則(臨床医学)育種 (breeding)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卵肉兼用種の関連情報