コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵肉兼用種 らんにくけんようしゅ

1件 の用語解説(卵肉兼用種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵肉兼用種
らんにくけんようしゅ

産卵性と産肉性の両者を育種,改良した鶏の品種で,卵用種,肉用種に劣らない能力をもつもの。横斑プリマスロック,白色ロックニューハンプシャー,ロードアイランド・レッドなどの品種があるが,肉用種に比べて産卵数が多いことから,最近では若鶏ブロイラー生産のための一代雑種作成の雌系統に利用されることが多くなり,兼用種として卵や肉生産の目的で飼育されることは少くなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卵肉兼用種の関連情報