卵肉兼用種(読み)らんにくけんようしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「卵肉兼用種」の意味・わかりやすい解説

卵肉兼用種
らんにくけんようしゅ

産卵性と産肉性の両者育種,改良した鶏の品種で,卵用種,肉用種に劣らない能力をもつもの。横斑プリマスロック白色ロックニューハンプシャーロードアイランドレッドなどの品種があるが,肉用種に比べて産卵数が多いことから,最近では若鶏ブロイラー生産のための一代雑種作成の雌系統に利用されることが多くなり,兼用種として卵や肉生産の目的で飼育されることは少くなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android