卵肉兼用種(読み)らんにくけんようしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「卵肉兼用種」の解説

卵肉兼用種
らんにくけんようしゅ

産卵性と産肉性の両者を育種,改良した品種で,卵用種,肉用種に劣らない能力をもつもの。横斑プリマスロック白色ロックニューハンプシャーロードアイランドレッドなどの品種があるが,肉用種に比べて産卵数が多いことから,最近では若鶏ブロイラー生産のための一代雑種作成の雌系統に利用されることが多くなり,兼用種として卵や肉生産の目的で飼育されることは少くなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android