コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉用種 にくようしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肉用種
にくようしゅ

肉をとる目的のために改良された家畜,家禽の品種の一般名。肉用の体型は低身,長方型がよいとされ,日本には黒毛和種,褐毛 (あかげ) 和種,無角和種日本短角種,外国種にはショートホーン種,アバーディンアンガス種,ヘレフォード種,シャロレー種などがある。は用途によって脂肪用型 (ラードタイプ) にポーランドチャイナ,デュロック,加工用型 (ベーコンタイプ) に大ヨークシャー,ランドレース,生肉用型 (ポークタイプまたはミートタイプ) に中ヨークシャー,バークシャーなどがある。肉用は体躯が大で前躯が発達し,骨細で肉量が豊かなものがよいとされ,ブラーマ,コーニッシュ,コーチン,ドーキングなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にくよう‐しゅ【肉用種】

食肉を得る目的で飼育される牛・鶏・などの品種。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくようしゅ【肉用種】

食用の肉をとるための、牛・豚・鶏などの品種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肉用種の関連キーワードホワイトコーニッシュ種ハンプシャーダウン種ロムニーマーシュ種アヒル(家鴨∥鶩)ベルジアンヘア種サウスダウン種ショートホーンザーネン[種]コーチン[種]ペキンダックサウスダウンリンカーン種サフォーク種原種天草大王サフォークブラーマ種北京ダックレスター種卵肉兼用種カイウサギ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android