コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厄塚 ヤクヅカ

デジタル大辞泉の解説

やく‐づか【厄塚】

厄神を封じこめるために設ける臨時の塚。京都の吉田神社のものが名高く、節分の夜に火祭りをして、最後に土器(かわらけ)を群衆が奪い合って厄よけに持ち帰る。 冬》「―の煙にむせび拝みけり/王城

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やくづか【厄塚】

京都市の吉田神社の節分祭に設けられる塚。参拝者は姓名・年齢などを記した紙をこの厄塚に投げて焼却し、自らの厄を免れようというもの。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

厄塚の関連キーワード生田神社京都市節分祭姓名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android