群衆(読み)ぐんしゅう(英語表記)crowd

翻訳|crowd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「群衆」の解説

群衆
ぐんしゅう
crowd

共通の対象に関心をもつ一群の人々が一時的にある場所に集っていて,これらの人々に互いに類似の仕方で反応が喚起され,一時的な漠然とした一体感がもたれる場合がある。このような状態の一の人々を群衆と呼ぶ。これらの人々は,偶発的,一時的,情動的な結びつきをもつにすぎず,永続的な組織をもたない。群衆のもつ特殊な心理的状態として,(1) 被暗示性,(2) 残忍さ,熱狂などの情緒性,(3) 無名性,(4) 無責任性などがあげられる。群衆はその行動特徴に従って乱衆 mob,会衆 audienceなどに分けられる。乱衆にはリンチ暴動などを引起す攻撃的なもの,劇場や列車の火事,船の沈没などに際してパニックに陥る逃避的なものがあるが,いずれもその特徴は行動的,情緒的である。これに対して会衆は,偶然的,意図的なもので,受身的な特徴をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「群衆」の解説

群衆

1941年製作のアメリカ映画。原題《Meet John Doe》。監督:フランク・キャプラ出演:ゲイリー・クーパー、バーバラ・スタンウィック、ウォルター・ブレナンほか。

群衆

1928年製作のアメリカ映画。原題《The Crowd》。監督:キング・ビダー、出演:エレノア・ボードマン、ジェームズ・マーレイ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「群衆」の解説

ぐん‐しゅう【群衆】

群がり集まった人々。群集。
[類語]群集人出人だかり人垣黒山人波行列人通り野次馬勢ぞろい烏合雲霞群れ大衆民衆公衆たみ庶民平民常民人民市民勤労者・生活者・一般人市井しせいの人世人せじん俗衆マス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「群衆」の解説

【群衆】ぐんしゆう

大勢の人たち。〔後漢書、申剛伝〕西州兵を發し、人人憂ひを懷(いだ)く、騷動惶懼(くわうく)し、正言するもの(な)し。群衆疑惑し、人、を懷く。

字通「群」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の群衆の言及

【公衆】より

…メディアを用いたコミュニケーションで結ばれている人間集団。ル・ボンが〈現代は群集の時代だ〉と否定的に規定したのに対し,タルドが〈現代は公衆の時代だ〉と反論し,公衆を社会学,社会心理学の用語にした。タルドにおける公衆のイメージは〈拡散した群集〉であり,したがってタルドは公衆にも,群集についてと同様,情緒的・非合理的・付和雷同的などのレッテルをはっている。ただし公衆は群集と違って烏合の衆ではない。散らばっていて,同一のメディア(タルドが実際に念頭に置いていたのは数千部,せいぜい数万部の――どちらかというと党派性の強い――政治新聞)で結ばれているだけだから,ときには党派的意見,偏見,センセーショナリズムの扇動で暴発することもあろうが(そのときには群集として行動するだろう),もっと冷静に判断し,行動する余地もある。…

※「群衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android