コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田神社 よしだじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田神社
よしだじんじゃ

京都市左京区に鎮座する元官幣中社。祭神はタケミカズチノミコト,イワイヌシノミコト,アメノコヤネノミコト,ヒメガミの4神。奈良の春日神社の分社。社務を司った吉田家から室町時代末期に吉田兼倶が出て,吉田神道を唱えたことで知られる。例祭4月 18日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

吉田神社【よしだじんじゃ】

京都市左京区吉田神楽岡町に鎮座。旧官幣中社。武甕槌(たけみかづち)神,斎主(いわいぬし)神,天児屋(あめのこやね)命,比売(ひめ)神をまつる。9世紀半ば春日(かすが)大社藤原氏が分祀して創建。
→関連項目卜部氏神祇官豊国神社

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

吉田神社

京都府京都市左京区にある神社。創祀は859年。祭神は建御賀豆知命(たけみかづちのみこと)、伊波比主命(いはいぬしのみこと)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)。斎場所大元宮は国の重要文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしだじんじゃ【吉田神社】

京都市左京区吉田神楽岡町に鎮座。建御賀豆智(たけみかずち)命,伊波比主(いわいぬし)命,天之子八根(あめのこやね)命,比売神をまつる。奈良の春日社を勧請した神社。すなわち,藤原氏がその氏神春日社を長岡京に勧請して大原野神社を創建したと同様に,平安京に勧請したのが当社である。藤原氏北家の中納言山蔭が貞観年中(859‐877)に春日四神をこの地に勧請,氏神として奉斎したことに始まる。その子中正の女時姫が関白兼家の室となり詮子(東三条院)を生み,詮子が円融天皇の女御となり一条天皇を生んだことから,986年(寛和2)一条天皇即位ののち,同年12月円融上皇の詔により大原野神社に準じ,二季の官幣にあずかることとなり,翌年より実施された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よしだじんじゃ【吉田神社】

愛知県豊橋市関屋町にある神社。祭神は、素戔嗚命すさのおのみこと
京都市左京区にある神社。祭神は健御賀豆知命たけみかずちのみこと・伊波比主命いわいぬしのみこと・天之子八根命あめのこやねのみこと・比売神。古くから卜部うらべが祠職をつとめ吉田氏がその職を継承した。二十二社の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の吉田神社の言及

【斎場】より

…祭礼行事のため,常設あるいは臨時に設けられる清浄な場所。大嘗祭(だいじようさい)の斎場,吉田神社の斎場所などが有名である。大嘗祭では悠紀(ゆき),主基(すき)の両斎国よりもたらされる稲穀や他の国々から献上される由加物などを納入する所を斎場という。…

【吉田神道】より

…室町時代後期に京都の吉田神社の神官吉田兼俱(かねとも)がおこした神道の一流派。兼俱自身は,元本宗源(げんぽんそうげん)神道,唯一宗源神道,唯一神道などと称したが,一般には吉田神道,卜部(うらべ)神道と呼ばれる。…

※「吉田神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉田神社の関連キーワード愛知県豊橋市関屋町吉田兼倶・吉田兼俱茨城県水戸市宮内町京都府京都市左京区細川幽斎女天理図書館吉田兼煕山田以文吉田良義吉田兼敬吉田兼雄甲良宗広藤原山陰吉田兼好吉田兼熙手筒花火藤原山蔭鈴鹿知石吉田兼治吉田兼見

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田神社の関連情報