コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厄除け ヤクヨケ

デジタル大辞泉の解説

やく‐よけ【厄除け】

厄難を払いよけること。また、その方法。氏神に詣でて厄払いをしたり、2月1日や6月1日に門松を立てて再び正月を祝うなどした。「厄除けのお札(ふだ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やくよけ【厄除け】

災厄を払い除くこと。また、その方法。氏神に参詣したり、餅や銭、身につけている櫛・褌ふんどしなどを道の辻に捨てたり、小正月に各家をまわって餅をもらい歩いたり、二月一日や六月一日にもう一度正月を祝うなどした。厄払い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

厄除けの関連キーワード焼き刺し・焼刺し焙烙割り・焙烙割川崎大師の久寿餅松阪の猿はじき越谷張子だるま由加山蓮台寺とげぬき地蔵南飛騨富士柿大宰府天満宮茨城県稲敷市大阪府貝塚市二月堂の牛王西新井大師井伏 鱒二御手洗団子諏訪神社魔よけ猿牛王宝印はねつき焙烙割り

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厄除けの関連情報