コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子炉格納容器 ゲンシロカクノウヨウキ

デジタル大辞泉の解説

げんしろ‐かくのうようき〔‐カクナフヨウキ〕【原子炉格納容器】

原子炉の主要設備を格納する鋼鉄またはコンクリート製の施設。密閉性・耐圧性が高く、原子炉圧力容器のほか、加圧器、循環ポンプ、冷却装置などを収容する。万一、原子炉で事故が起きた場合に、放射性物質の漏洩(ろうえい)を抑える役割を果たすもので、コンクリート造りの原子炉建屋に収められている。五重の壁の第四の壁にあたる。格納容器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

原子炉格納容器の関連キーワード原子炉格納容器スプレー設備原子力規制委員会(日本)格納容器スプレー冷却系フィルター付きベント改良型沸騰水型原子炉コアコンクリート反応格納容器スプレー装置サプレッションプール水ジルコニウム反応シビアアクシデントコアキャッチャーフィルターベント格納容器ベントウエットベントウエットウェルドライベントドライウェル外部電源喪失1次冷却水大飯原発

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原子炉格納容器の関連情報