コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子炉圧力容器 ゲンシロアツリョクヨウキ

1件 の用語解説(原子炉圧力容器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんしろ‐あつりょくようき【原子炉圧力容器】

原子炉の中心部である炉心を格納する、カプセルのような形をした容器。軽水炉では、発電効率を高めるため、高温・高圧に耐える鋼鉄製の容器が用いられる。万一、炉心に異常が生じた場合、放射性物質が外部に漏れないよう閉じ込める役割も担う。五重の壁の第三の壁にあたる。容器内の圧力は加圧水型原子炉では157気圧、沸騰水型原子炉では70気圧程度。冷却装置などとともに原子炉格納容器に収納されている。原子炉容器圧力容器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子炉圧力容器の関連キーワード沸騰水型原子炉炉心格納容器一次冷却水シュラウドETRACRS原子炉格納容器建屋中性子吸収材

原子炉圧力容器の関連情報