コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子炉圧力容器 ゲンシロアツリョクヨウキ

デジタル大辞泉の解説

げんしろ‐あつりょくようき【原子炉圧力容器】

原子炉の中心部である炉心を格納する、カプセルのような形をした容器。軽水炉では、発電効率を高めるため、高温・高圧に耐える鋼鉄製の容器が用いられる。万一、炉心に異常が生じた場合、放射性物質が外部に漏れないよう閉じ込める役割も担う。五重の壁の第三の壁にあたる。容器内の圧力は加圧水型原子炉では157気圧、沸騰水型原子炉では70気圧程度。冷却装置などとともに原子炉格納容器に収納されている。原子炉容器圧力容器

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

原子炉圧力容器の関連キーワード旧指針の想定地震と重要度分類浜岡5号機の海水流入トラブル原発の低レベル放射性廃棄物福島第一原発2号機の事故福島第一原子力発電所事故炉心溶融とメルトダウンコアコンクリート反応改良型沸騰水型原子炉重水冷却圧力容器型炉非常用復水器(IC)改良型沸騰水型軽水炉原子炉隔離時冷却系福島第二原発3号機緊急炉心冷却装置格納容器ベント非常用復水器脆性遷移温度監視試験片中性子脆化原子力発電

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原子炉圧力容器の関連情報