コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原籍国主義 げんせきこくしゅぎ

1件 の用語解説(原籍国主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原籍国主義
げんせきこくしゅぎ

EU各国が互いの国の金融ルールを尊重し,自国内で営業する他国の金融機関に対し,その金融機関の母国の金融当局の規制・監督が及ぶことを相互に認めるルール。金融業務分野の統合に関する銀行指令で打ち出されたもので,原籍国主義が採用されれば,規制の甘い国の金融機関ほど自由に活動できることとなり,結局のところ各国の規制は最も甘い国のレベルに収束し,全体として規制緩和が進むとみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原籍国主義の関連キーワードアムステルダム条約好意的遵奉互いポリセントリズム民主ERM遵法自民党憲法改正草案Honor System

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone