母国(読み)ボコク

デジタル大辞泉の解説

ぼ‐こく【母国】

自分の生まれ育った国。祖国故国
[用法]母国・祖国故国――「四〇年ぶりに母国(祖国・故国)の土を踏んだ」のような場合はともに用いられる。◇「母国」は自分の生まれた国。主として外国に住んでいる人の立場で用いる。「母国語」「母国を愛する」◇「祖国」は祖先からずっと住んでいる自分の国。「祖国を守る」「祖国を捨てる」「祖国防衛」◇「故国」は自分の生まれた国、また、故郷の意で、その国や故郷を長いあいだ離れている人の言い方。「一五歳のとき故国を捨てて都会に出た」「故国で余生を送りたい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼ‐こく【母国】

〘名〙
① 分かれ出た国から、そのもとの国をさしていう称。
※思想問題(1913)〈上田敏〉現代の英国「殖民地と母国との関係」
② 自分が生まれた国。自分が属している国。主として海外にいて自分の本国をさしていう。祖国。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉犬物語「犬も矢張印度を母国として四方に蕃殖したのだ」
※夜と霧の隅で(1960)〈北杜夫〉三「何カ月も日本人と母国の言葉を話したことがなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

母国の関連情報