コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

又代官 まただいかん

1件 の用語解説(又代官の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

まただいかん【又代官】

中世、守護代・地頭代の代わりにその職務を執る者。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の又代官の言及

【地頭代】より

…さらに地頭代が小代官と称する下級の地頭代を置くこともあった。小地頭代ともいうべき又代官は多く地頭代の従者がこれに任ぜられたため,そこには三重の主従関係もみられた。しかし一方でこうした地頭代はいずれも領主制を志向したわけで,忠実な地頭代官ばかりではなかった。…

※「又代官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone