コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地頭代 じとうだい

2件 の用語解説(地頭代の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

じとうだい【地頭代】

中世、赴任しない地頭の代わりに在地にいて実務を担当した者。一族や郎党の者が任命された。地頭代官。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じとうだい【地頭代】

地頭の代官。地頭職を有した御家人の所領は諸国に散布し,かつ1人の御家人が数ヵ所の地頭職に補任されることが多かったので,その職務遂行にあたっては代官を任じた。地頭代はその目的のための代理人である。こうした地頭代にはふつう一族や郎等の者が任ぜられ,正員である地頭の代りに現地で,検断その他の実務を執行した。具体的には年貢の管理をはじめ地頭の権利・義務を代行し,領家との間に紛争が生じた場合には,地頭の訴訟代理人となって,訴状や答弁書をしたため訴訟の場に立つこともあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の地頭代の言及

【眼代】より

…鎌倉時代の武家の職名で,本官の代理の職すなわち代官をさす言葉として用いられた。多く守護代・地頭代の別称として用い,その耳目に代わる意から,国司の目代(もくだい)と区別するために眼代とよばれた。《武家名目抄》には〈眼代を目代といふに同しく人の耳目に代るのこころなり。…

【代官】より

…これは,荘園が一般的に現れはじめていたこの時代においては,国司の支配対象である国衙領も,国司自身の所領(財産源)という性格をはっきりと現しはじめていたための現象であった。 他方,在地武士の場合についてみると,鎌倉時代,幕府の御家人の典型である地頭にも,代官としての地頭代がしきりと現れてくる点が注目される。この地頭代の実体は,鎌倉時代初期には,その地頭の従者たちであった。…

※「地頭代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地頭代の関連キーワード本補地頭一分地頭地頭職総地頭三分二地頭犬御前熊谷直時長井静瑜深堀行光本郷氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地頭代の関連情報