コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地頭代 じとうだい

大辞林 第三版の解説

じとうだい【地頭代】

中世、赴任しない地頭の代わりに在地にいて実務を担当した者。一族や郎党の者が任命された。地頭代官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じとうだい【地頭代】

地頭代官地頭職を有した御家人の所領は諸国に散布し,かつ1人の御家人が数ヵ所の地頭職に補任されることが多かったので,その職務遂行にあたっては代官を任じた。地頭代はその目的のための代理人である。こうした地頭代にはふつう一族や郎等の者が任ぜられ,正員である地頭の代りに現地で,検断その他の実務を執行した。具体的には年貢の管理をはじめ地頭の権利・義務を代行し,領家との間に紛争が生じた場合には,地頭の訴訟代理人となって,訴状や答弁書をしたため訴訟の場に立つこともあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の地頭代の言及

【眼代】より

…鎌倉時代の武家の職名で,本官の代理の職すなわち代官をさす言葉として用いられた。多く守護代・地頭代の別称として用い,その耳目に代わる意から,国司の目代(もくだい)と区別するために眼代とよばれた。《武家名目抄》には〈眼代を目代といふに同しく人の耳目に代るのこころなり。…

【代官】より

…これは,荘園が一般的に現れはじめていたこの時代においては,国司の支配対象である国衙領も,国司自身の所領(財産源)という性格をはっきりと現しはじめていたための現象であった。 他方,在地武士の場合についてみると,鎌倉時代,幕府の御家人の典型である地頭にも,代官としての地頭代がしきりと現れてくる点が注目される。この地頭代の実体は,鎌倉時代初期には,その地頭の従者たちであった。…

※「地頭代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地頭代の関連キーワード海上賊船禁止令平盛時(3)青森(県)若狭忠清畠山重忠大光寺城曾我祐信深堀行光安藤季長蝦夷管領九条朝光中山王府曾我惟重麻生氏安東氏蒲御厨宗経茂雀部荘宗知宗又代官

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android