コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭国守護職次第 わかさのくにしゅごしきしだい

世界大百科事典 第2版の解説

わかさのくにしゅごしきしだい【若狭国守護職次第】

若狭国の歴代の守護を編年に記した補任書。1巻。鎌倉時代末期の正和年間(1312‐17)に原形がつくられ,以後1422年(応永29)ころまで再三書きつがれて現在の体裁になった。建久7年(1196)の津々見右衛門次郎忠季の守護就任にはじまり,守護正員のみならず,守護代官,守護又代官の就任期等を記したもの。《長門国守護職次第》(《続群書類従》所収)とともに貴重な史料である。《群書類従》所収。【小田 雄三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android