コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友視 ゆうし

大辞林 第三版の解説

ゆうし【友視】

( 名 ) スル
友として扱うこと。 「必ず君を-するのみならず又君を尊敬し/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

友視の関連キーワード当然、プロレスの味方です市川 猿之助(2代目)私、プロレスの味方ですカミさんの悪口〈2〉市川 雷蔵(8代目)カミさんの悪口鎌倉のおばさん市川 右太衛門片岡 千恵蔵住友吉左衛門時代屋の女房アブサン物語4月10日山城 新伍嵐 寛寿郎藤原 義江森 雅之今村昌平村松梢風水辺の男

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

友視の関連情報