コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁別 べんべつdiscrimination

翻訳|discrimination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁別
べんべつ
discrimination

2つ以上の異なる刺激の間の差異を感知する作用。操作的には弁別反応,すなわち提示された2つ以上の刺激に対して,被験体が異なる反応をすること。弁別されうる最小の刺激差異を弁別閾または丁度可知差異という。言語による伝達が十分に可能な成人の場合には,弁別の測定は精神測定法によることが多い。乳幼児または動物の場合には,非言語的弁別反応によって調べることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

べん‐べつ【弁別/×辨別】

[名](スル)物事の違いをはっきりと見分けること。識別。「理非を―する」

わい‐だめ【弁別/辨別/分別】

《「わきだめ」の音変化。古くは「わいため」とも》区別。差別。けじめ
「貴賤の言語に―なく」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べんべつ【弁別】

( 名 ) スル
違いをわきまえて区別すること。識別。 「色の違いを-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弁別の関連キーワードウェーバー=フェヒナーの法則ファイ=ガンマ関数スペクトログラムフェヒナーの法則フリッカーテストウェーバーの法則非言語式検査余剰的特徴弁別的特徴異常3色覚ウェーバー作業テスト学習の構え示差的特徴移行学習弁別特徴心神耗弱責任能力心神喪失無分別智

弁別の関連情報