コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双合診 そうごうしん vaginal bimanual examination

1件 の用語解説(双合診の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうごうしん【双合診 vaginal bimanual examination】

婦人科における基本的診察法の一つで,腟双合診あるいは腟腹壁双合診ともいう。また,通常たんに内診(広義)internal (vaginal) examinationともいう。 患者に排尿させた後,婦人科診察台(内診台ともいう)上に仰臥させて,砕石位(ひざを曲げ,両大腿をそれぞれ左右外方に倒して股を大きく開いた姿勢)をとらせる。片方の手の示指と中指の2本を腟内に挿入して内診指とし,もう一方の手を恥骨結合より少し上方の腹壁上においてその手指を外診指とし,内診指と外診指とを相呼応させて内性器を触診する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の双合診の言及

【子宮外妊娠】より


[診断と治療]
 典型的な症状を示している場合,診断は容易である。しかしそれ以外では,婦人科的双合診や妊娠反応(尿中hCG定性試験),超音波断層法,子宮卵管造影,あるいは腹腔鏡やクルドスコピーなどで検査し診断する。治療法は,開腹手術で患部を摘出し,止血をする。…

※「双合診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

双合診の関連キーワード産婦人科破墨婦人科基本法産婦人科医婦人科医基本税率有明海及び八代海の再生に関する基本方針イースタンスタイル