コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双合診 そうごうしんvaginal bimanual examination

世界大百科事典 第2版の解説

そうごうしん【双合診 vaginal bimanual examination】

婦人科における基本的診察法の一つで,腟双合診あるいは腟腹壁双合診ともいう。また,通常たんに内診(広義)internal (vaginal) examinationともいう。 患者に排尿させた後,婦人科診察台(内診台ともいう)上に仰臥させて,砕石位(ひざを曲げ,両大腿をそれぞれ左右外方に倒して股を大きく開いた姿勢)をとらせる。片方の手の示指と中指の2本を腟内に挿入して内診指とし,もう一方の手を恥骨結合より少し上方の腹壁上においてその手指を外診指とし,内診指と外診指とを相呼応させて内性器を触診する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の双合診の言及

【子宮外妊娠】より


[診断と治療]
 典型的な症状を示している場合,診断は容易である。しかしそれ以外では,婦人科的双合診や妊娠反応(尿中hCG定性試験),超音波断層法,子宮卵管造影,あるいは腹腔鏡やクルドスコピーなどで検査し診断する。治療法は,開腹手術で患部を摘出し,止血をする。…

※「双合診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

双合診の関連キーワード子宮付属器炎(卵管炎/卵巣炎)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android