手指(読み)しゅし

精選版 日本国語大辞典「手指」の解説

しゅ‐し【手指】

〘名〙 手のゆび。
※正法眼蔵(1231‐53)嗣書「青原高祖したしく曹谿の机前にして、手指より浄血をいだしてかき、正伝せられけるなり」 〔史記‐貨殖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手指」の解説

て‐さし【手指(し)/手刺(し)】

屋外の労働などのとき、手やをおおうもの。手っ甲のようなものや、手袋状のものなどがある。

しゅ‐し【手指】

手のゆび。
「―は汚穢に染むとも」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android