コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反坐 ハンザ

デジタル大辞泉の解説

はん‐ざ【反×坐】

もと、偽証誣告(ぶこく)などをして他人を罪に陥れた者に、その罪と同一程度の刑を科したこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんざ【反坐】

偽証などにより他人を罪におとしいれた者を、その罪と同じ罪に処すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の反坐の言及

【悪口】より

… では実際にどのような悪口が有罪とされただろうか。前述のように法廷内の悪口は訴陳状の記載の詞,問注の際の言葉の両者ともに悪口人の敗訴が成文化され,しかも謀書の場合などと異なって反坐(はんざ)(訴訟の相手を陥れようとしてある罪名を言い立て,それが無実とされた場合に,その罪名と同一の罪科に処せられる)の罰則がなく,いわば言い得であったために,相手の言葉尻をとらえてさかんに悪口罪の適用を主張した。たとえば鎮西探題の裁判で,北条兼時の行為を指して〈阿礼加(あれか)〉と言った言葉を悪口にあたると主張するごとくであり,〈阿礼加〉とは正字でどう書くのかと問われて返答できず,もちろん悪口罪は適用されなかった。…

※「反坐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反坐の関連キーワード与同罪タリオ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android