誣告(読み)ブコク

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐こく【×誣告】

[名](スル)《「ふこく」とも》故意に事実を偽って告げること。「同僚を誣告する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶこく【誣告】

( 名 ) スル
〔「ふこく」とも〕
故意に事実をいつわって告げること。特に、他人を罪におとしいれようとして、いつわり訴えること。 「創造者にあらずと-せらるゝ/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐こく【誣告】

〘名〙 (「ふこく」とも) 故意に事実と異なる内容で、人を訴えること。わざと事実をまげていうこと。
※律(718)名例「品秩卑微。反坐。与白丁異」
※風博士(1931)〈坂口安吾〉「余を指して誣告(ブコク)の誹を止め給へ」 〔漢書‐宣帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の誣告の言及

【虚偽告訴罪】より

…人に刑事または懲戒の処分を受けさせる目的で虚偽の申告をする罪で,3ヵ月以上10年以下の懲役に処せられる(刑法172条)。刑法の表記現代化以前は〈誣告(ぶこく)罪〉とよばれた。本条は被告訴者の法的自由および国家の審判作用を保護しようとするものである。…

※「誣告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

誣告の関連情報