反物・段物(読み)たんもの

精選版 日本国語大辞典「反物・段物」の解説

たん‐もの【反物・段物】

〘名〙
① 一反に仕上げてある織物。大人物の和服一着分として売る。太物。
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉上「自分の織った反物壱反と、酒壱升の取かへは、不平均で出来ず」
② 主に和服用の織物の総称。呉服。
※俳諧・太郎五百韻(1679)「きのふも三人唐人の宿〈宗因〉 端ものや其外相場書立て〈由平〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android