コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太物 フトモノ

大辞林 第三版の解説

ふともの【太物】

綿織物・麻織物など、太い糸の織物の総称。絹織物に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太物
ふともの

絹織物に対しての綿織物をさすことばとして生まれたもので、絹の呉服・巻物・板物は薄地織物であるが、木綿の織物は絹に比べ厚地であるために、太物といい、それを扱う木綿問屋を太物問屋とよんだ。ときには麻織物をも含めてさしたが、現在ではこの用語はあまり使われない。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太物の言及

【呉服屋】より

…呉服を売買する商人およびその店。呉服はもともとは絹織物を指し,綿織物,麻織物の太物(ふともの)と区別されていたが,現在では着尺(きじやく)織物の総称となっている。17世紀初めに京都,そして江戸,大坂などに,大名,武家や町人を顧客として生まれ,江戸では初めは京都の呉服商人の立売りであった。…

※「太物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

太物の関連キーワード伊藤次郎左衛門(いとうじろざえもん)伊藤 次郎左衛門(15代目)伊藤 次郎左衛門(14代目)岡田弥三郎(10代)矢尾喜兵衛(初代)伊藤忠兵衛(初代)岡田八十次(初代)平田文右衛門(2)古屋徳兵衛(初代)伊藤忠商事[株]ジュディ オングイオン株式会社黒沢 鷹次郎青木茂(1)稲本利右衛門田附 政次郎西村重郎兵衛槇村 浩吉岩谷 松平丸山 誠治

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太物の関連情報