コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉服 ゴフク

3件 の用語解説(呉服の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐ふく【呉服】

和服用織物の総称。反物。
太物(ふともの)に対して、絹織物の称。
古代中国、呉の国から伝わった織り方によって作った綾などの織物。くれはとり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごふく【呉服】

和服用の織物の総称。特に、絹織物をさすこともある。 「 -店」
中国、呉の国から日本に伝わった織り方によって作った織物。綾など。くれはとり。 「ひとびとも-給はる/宇津保 菊の宴

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉服
ごふく

和服用織物で小幅物(並幅)を総称していう。また反物、布帛(ふはく)、布をさす。
 江戸時代には、麻・木綿などの織物を太物(ふともの)と称したのに対して、絹織物を呉服と称した。
 小袖(こそで)(着物)1着できる長さを反物といい、布幅は着尺幅9寸4~5分(約36センチメートル)、長2丈8~9尺(約11メートル)。
 応神(おうじん)天皇・雄略(ゆうりゃく)天皇の時代に呉の国(中国の江南)より縫工女呉織(きぬぬいめくれはとり)(呉服)・漢織(あやはとり)(穴織)が渡来し、優れた絹織物を生産した。転じてその手法によるわが国の織物の名称となる。
 呉服の名は『うつほ物語』田鶴の村鳥巻にみえる。『人倫訓蒙図彙(きんもうずい)』に上品(じょうぼん)の着物を呉服、『女重宝記』に小袖はごふくとある。当時の小袖は絹物の綿入、太物の綿入を布子と称した。小袖の着尺は江戸初期まで、縫箔(ぬいはく)、摺箔(すりはく)に加えて鹿子(かのこ)類が多いが、のち染め模様に転じた。徳川禁令考によると、1626年(寛永3)反物の長3丈2尺、幅1尺4寸とあり、のちに長3丈4尺となる。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呉服の言及

【呉服屋】より

…呉服を売買する商人およびその店。呉服はもともとは絹織物を指し,綿織物,麻織物の太物(ふともの)と区別されていたが,現在では着尺(きじやく)織物の総称となっている。…

【問屋】より

…諸地方から江戸へ送られる米は,上方からのものは下り米問屋,関東からのものは関東米穀三組問屋を経てともに河岸八町米仲買から脇店八ヶ所組米屋,また関東ならびに奥州からのものは地廻米穀問屋から脇店八ヶ所組米屋へ売られ,搗米屋から消費者の手に渡った。 近世の商品のなかで大きい地位を占めた呉服は趣味性の強い商品であった関係もあって,蔵物・納屋物とは異なった多様な流通経路をたどった。西陣で織られた絹織物は,上仲買の手をへて下仲買(室町問屋)の手に渡り,それが消費地へ送られるのが原則的な形であったが,京都に本拠をおき,江戸へ進出して発展した大呉服商(越後屋,白木屋,大丸屋など)は,おおむね次のような形をとった。…

※「呉服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉服の関連キーワード遠州織物角袖重ね織物備後織物太物太物店布帛切れ地B反輪奈織物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉服の関連情報