コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反花 かえりばな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反花
かえりばな

仏像の蓮華座で上向きについた蓮弁,すなわち受花 (仰蓮) に対して,下側へ反転するように開いた蓮弁をいう。蓮華座に用いられるのは仏教で説く理想境の阿耨達池 (あのくだっち) に咲く蓮華のうち,最も高貴なプンダリーカで,反花のついたものは最盛時の満開の状態を示すものといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

反花の関連キーワード荘厳具定朝灯籠

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android