コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿耨達池 あのくだっち

3件 の用語解説(阿耨達池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿耨達池
あのくだっち

サンスクリット語 Anavataptaの音写。漢訳は清涼,無熱悩など。ヒマラヤ山脈の北にあるとする想像上の池。金銀や宝石が岸を形成し,アナバタプタという竜王が住む。その池から流れる水は澄んで冷たく,ガンジス川などの四大河となって世界を潤しているとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あのくだっ‐ち【阿耨達池】

《〈梵〉Anavataptaの音写。清涼・無熱悩と訳す》ヒマラヤの北にあるという想像上の池。岸は金・銀など四宝よりなり、阿耨達竜王が住み、四方に河が流れ出して、人間のいる贍部洲(せんぶしゅう)を潤すという。無熱悩池

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あのくだっち【阿耨達池】

Anavatapta 清涼・無熱と訳す〕 ヒマラヤ(雪山)の北にあるとされる想像上の池。金・銀などの四宝を岸とし、中には竜王がすみ、その四方からガンジス川など、四つの川が流れ出て世界をうるおすという。阿那婆達多あなばたつた。無熱悩池。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿耨達池の言及

【マーナサ[湖]】より

…やがて王も祭事を行って半神族ガンダルバの仲間に入り,天界において彼女と再婚した。マーナサ湖はこの神話において重要な場面となっているばかりでなく,仏教神話にいう四大河の発源するアナバタプタ(阿耨達池(あのくだつち))もこの湖を指すとされる。現在の中華人民共和国チベット自治区南西部に位置するマーナサローワル湖(マパム・ツォともいう。…

※「阿耨達池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿耨達池の関連キーワード五陰阿鼻難陀凡・梵・煩・盆阿毘羅吽欠蘇婆訶刹土浮屠摩哆