コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反足細胞 はんそくさいぼうantipode; antipodal cell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反足細胞
はんそくさいぼう
antipode; antipodal cell

被子植物の胚嚢を構成する細胞の一種。胚嚢の中で卵細胞と反対側にあるところからこの名がある。タデやユリなどでは3個ある。胚の発生に伴い消失する。 (→胚珠 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

反足細胞の関連キーワード池田伴親無配生殖極核

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android