卵細胞(読み)らんさいぼう(英語表記)egg cell; ovum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「卵細胞」の解説

卵細胞
らんさいぼう
egg cell; ovum

(らん) ,卵子ともいう。生殖細胞。雄性配偶子の精子に対する語。動物の卵は一般に球形卵黄を含み,精子に比べ大型で運動性を欠く。種によって卵黄の量や分布に差がある。また極性を示し動物極,植物極が区別され,将来の分化に重要な意義をもつ。卵細胞形成は卵巣中で行われ,成熟のとき,卵母細胞減数分裂で生じ,染色体は半減している。被子植物では,胚嚢内の珠孔に面した1つの大きな細胞,裸子植物では造卵器内にある1つの大きな細胞,コケシダでは造卵器中の下方にある大きな細胞をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の卵細胞の言及

【卵】より

… 本来の配偶子としての卵は,その周囲をいろいろな卵膜と呼ばれる無細胞性の膜構造や,卵形成に際して,その周囲を取り囲んで存在する濾胞(医学では卵胞と呼ぶ)細胞などさまざまな付属物とともに観察されることが多く,卵または卵子の語は,そのような複合構造全体に対して用いられていることが多い。一方,卵巣内にあって,いまだ成熟分裂を行っていない卵細胞は,配偶子ではなく,卵母細胞oocyte(医学では卵祖細胞と呼ぶ)の状態である。哺乳類では,卵巣内の第1次卵母細胞が排卵時に第1極体を放出して第2次卵母細胞(医学では卵娘細胞と呼ぶ)となり,受精と同時に第2極体を放出して減数分裂を完了する。…

※「卵細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android