コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵細胞 らんさいぼうegg cell; ovum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵細胞
らんさいぼう
egg cell; ovum

卵 (らん) ,子ともいう。雌の生殖細胞雄性配偶子の精子に対する語。動物の卵は一般に球形で卵黄を含み,精子に比べ大型で運動性を欠く。種によって卵黄の量や分布に差がある。また極性を示し動物極,植物極が区別され,将来の分化に重要な意義をもつ。卵細胞の形成は卵巣中で行われ,成熟のとき,卵母細胞の減数分裂で生じ,染色体は半減している。被子植物では,胚嚢内の珠孔に面した1つの大きな細胞,裸子植物では造卵器内にある1つの大きな細胞,コケ,シダでは造卵器中の下方にある大きな細胞をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らん‐さいぼう〔‐サイバウ〕【卵細胞】

卵(らん)のこと。1個の細胞からなるのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんさいぼう【卵細胞】

らんを一つの細胞としていう時の呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の卵細胞の言及

【卵】より

… 本来の配偶子としての卵は,その周囲をいろいろな卵膜と呼ばれる無細胞性の膜構造や,卵形成に際して,その周囲を取り囲んで存在する濾胞(医学では卵胞と呼ぶ)細胞などさまざまな付属物とともに観察されることが多く,卵または卵子の語は,そのような複合構造全体に対して用いられていることが多い。一方,卵巣内にあって,いまだ成熟分裂を行っていない卵細胞は,配偶子ではなく,卵母細胞oocyte(医学では卵祖細胞と呼ぶ)の状態である。哺乳類では,卵巣内の第1次卵母細胞が排卵時に第1極体を放出して第2次卵母細胞(医学では卵娘細胞と呼ぶ)となり,受精と同時に第2極体を放出して減数分裂を完了する。…

※「卵細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卵細胞の関連キーワードバルフォアの法則ヒアルロニダーゼ造卵器・蔵卵器ミラシジウムアポミクシス子嚢・子囊アポガミーICSI法細胞質遺伝ボルバキア還元分裂童貞生殖花後現象遅滞遺伝グラーフ顕微授精胞状卵胞PCOS重複受精反足細胞

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卵細胞の関連情報