コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収斂火災 シュウレンカサイ

1件 の用語解説(収斂火災の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうれん‐かさい〔シウレンクワサイ〕【収×斂火災】

日なたに置いたガラス鉢やペットボトルなどが凸レンズの働きをし、またステンレス製のボウルなどが凹面鏡の働きをして、太陽光が一点に集まり発火することが原因で起こる火災。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

収斂火災の関連キーワードピペットメスピペットペットボトルとぼとぼぼとぼとボトルカーペットボミングマイボトルボトル岩日本容器包装リサイクル協会(容リ協)

収斂火災の関連情報