コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受精/受精卵 じゅせい/じゅせいらん

妊娠・子育て用語辞典の解説

じゅせい/じゅせいらん【受精/受精卵】

精子と卵子が出会って融合したものが受精卵(胚とも呼びます)。大きさは約1mmです。精子と卵子の出会いは卵管の先。ここで受精卵になります。そのまま細胞分裂を繰り返して卵管内を子宮に向かって移動していきます。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android