コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受精/受精卵 じゅせい/じゅせいらん

1件 の用語解説(受精/受精卵の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

じゅせい/じゅせいらん【受精/受精卵】

精子と卵子が出会って融合したものが受精卵(胚とも呼びます)。大きさは約1mmです。精子と卵子の出会いは卵管の先。ここで受精卵になります。そのまま細胞分裂を繰り返して卵管内を子宮に向かって移動していきます。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受精/受精卵の関連キーワード双生児配偶子体外受精受精卵移植3倍体魚受精卵媒精ギフト法卵子凍結受精 (fertilization)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone