コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受精/受精卵 じゅせい/じゅせいらん

1件 の用語解説(受精/受精卵の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

じゅせい/じゅせいらん【受精/受精卵】

精子と卵子が出会って融合したものが受精卵(胚とも呼びます)。大きさは約1mmです。精子と卵子の出会いは卵管の先。ここで受精卵になります。そのまま細胞分裂を繰り返して卵管内を子宮に向かって移動していきます。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
妊娠・子育て用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone