コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叙事詩圏 じょじしけん Epikos Kyklos

1件 の用語解説(叙事詩圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叙事詩圏
じょじしけん
Epikos Kyklos

ギリシアのホメロスの二大叙事詩イリアス』と『オデュッセイア』を中心にして,天地の初めから英雄時代の終りまでの叙事詩を集めて,物語の順序に並べたもの。『神統紀』 (ヘシオドスの作とは別) ,『巨人の戦』『キュプリア』『イリアス』『アイティオピス』『小イリアス』『イリオス陥落』『帰国物語』『オデュッセイア』『テレゴネイア』の順。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の叙事詩圏の言及

【ホメロス】より

…なお,ホメロスを盲目の詩人とする巷説は,《ホメロス風賛歌》中の〈アポロン賛歌〉にある〈峨々たるキオスに住む盲(めしい)の人〉という作者自身への言及に由来するもので,ヘレニズム時代以降のホメロスの胸像等はつねに彼を盲目の老人で表現している。 最後に作品については,古くは二大叙事詩のほかにも,〈叙事詩圏〉中の《テーバイス》《エピゴノイ》《キュプリア》や,滑稽詩《マルギテス》(これらはいずれも断片しか伝わらない),約300行の《蛙鼠(あそ)合戦》,長短30数編の《ホメロス風賛歌》などが彼に帰されていたが,今日では,《イーリアス》《オデュッセイア》以外はいずれもホメロスの作にあらずと判断されている。
[ホメロス問題]
 このようにホメロスに関する伝承があいまいであるにもかかわらず,少なくとも《イーリアス》と《オデュッセイア》に関するかぎり,古代人はそれがホメロスの作たることを信じて疑わず,《オデュッセイア》はホメロスとは別人の作と唱えて〈分離派〉と呼ばれたアレクサンドリアの一部の学者の声などは,まったくの例外にすぎなかった。…

※「叙事詩圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

叙事詩圏の関連キーワードアエネイスイリアスウェルギリウスカルカスギリシア悲劇ホメロス『イリアス』/『オデュッセイア』クイントゥス[スミュルナの]ギリシア叙事詩《ギリシア叙事詩の成立》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone