口を拭う(読み)くちをぬぐう

精選版 日本国語大辞典「口を拭う」の解説

くち【口】 を 拭(ぬぐ)

(盗み食いをした後で、をふいてそしらぬをするから) 何か悪いことやまずいことをしていながら、していないふりをする。また、知っていながら知らないふりをする。口をふく。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)京「台所にてをしたたか、せしめられ、口をぬぐふて二階へあがりさまに」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉附録「常に醜怪卑陋の汚行を演じつつ口を拭ふて道義の頽廃を説く者なきや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口を拭う」の解説

くちぬぐ・う

《盗み食いの後、口をふいて素知らぬ顔をする意から》何か悪いことをしていながら素知らぬふりをする。また、知っていながら知らないふりをする。「―・って涼しい顔でいる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android