口説落(読み)くどきおとす

精選版 日本国語大辞典「口説落」の解説

くどき‐おと・す【口説落】

〘他サ五(四)〙 くどいて相手に承知させる。
※俳諧・毛吹草追加(1647)中「風(かざ)口て口説(クドキ)おとすや姫くるみ〈堅与〉」
(1911‐13)〈森鴎外〉一六「無理に堅い父親を口説(クド)き落(オト)すやうにして人のになった」

くどき‐おとし【口説落】

〙 くどいて相手に承知させること。
※黒船前後(1933)〈服部之総汽船太平洋を横断するまで「実は横断汽船のための和親条約を以て、単なるくどき落しの一手だったと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android