コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部之総 はっとりしそう

6件 の用語解説(服部之総の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

服部之総
はっとりしそう

[生]1901.9.24. 島根
[没]1956.3.4. 東京
日本近代史家。浄土宗正蓮寺に生れ,第三高等学校を経て東京大学文学部社会学科を卒業,1927年野坂参三の産業労働調査所員,翌年労働農民党書記局員を経て,30年中央公論社入社,初代出版部長となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっとり‐しそう【服部之総】

[1901~1956]歴史学者。島根の生まれ。講座派の一員として明治維新史研究を推進。第二次大戦後は日本近代史研究会を創立。著「黒船前後」「親鸞ノート」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部之総 はっとり-しそう

1901-1956 昭和時代の日本史学者。
明治34年9月24日生まれ。昭和3年マルクス主義の立場から「明治維新史」を発表。中央公論社初代出版部長をへて,プロレタリア科学研究所員。講座派の論客として知られ,「幕末=厳マニュファクチュア」論で反響をよぶ。戦後,法大教授。昭和31年3月4日死去。54歳。島根県出身。東京帝大卒。著作に「黒船前後」「明治の政治家たち」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はっとりしそう【服部之総】

1901‐56(明治34‐昭和31)
マルクス主義歴史家。島根県の真宗寺院の長男に生まれ,東大文学部社会学科を卒業。在学中から社会的関心を深め,1927年労働農民党の書記局員となり,30年中央公論社の出版部長,33年唯物論研究会の創立に当たった。1928年《マルクス主義講座》に〈明治維新史〉を発表,マルクス主義史学による維新史研究に先鞭をつけ,33年《日本資本主義発達史講座》に執筆して以後講座派の論客として自説を展開。幕末の日本の発展段階を中国との対比で厳密な意味でのマニュファクチュア時代と措定,明治維新を絶対主義ブルジョア革命の契機が相克する複雑な過程ととらえ,〈地主・ブルジョアジー〉の独自な役割を強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はっとりしそう【服部之総】

1901~1956) 歴史学者。島根県生まれ。東大卒。1927年「マルクス主義講座」に「明治維新史」を執筆。「日本資本主義発達史講座」に参加。幕末・明治維新史研究の普及に尽くした。著「黒船前後」「維新史の方法論」など多数。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部之総
はっとりしそう
(1901―1956)

歴史学者。明治34年9月24日島根県に生まれる。1925年(大正14)東京帝国大学文学部卒業。27年(昭和2)の『マルクス主義講座』、32年の『日本資本主義発達史講座』に執筆、マルクス主義歴史学に新生面を開いた。とくに「幕末厳マニュ時代説」の提唱者として有名。1850~60年代、アジア諸国はウェスタン・インパクトに直面し、インドイギリスの植民地となり、中国は欧米諸列強の半植民地となったにもかかわらず、ひとり日本だけはなぜ明治維新で民族的独立を達成することができたのか、これに解答を与えたのが「幕末厳マニュ時代説」であり、服部は、幕末開港前の日本経済の発達段階はインド、中国よりも進んでおり、それはマルクスのいう「厳密な意味でのマニュファクチュア時代」に相当すると規定したのである。この見解は、日本の民族的独立を可能にした国内的条件を初めて指摘したものであり、明治維新研究にコペルニクス的転回をもたらした。以後、1933~34年にかけて土屋喬雄(たかお)との間でマニュファクチュア論争が繰り広げられ、当時の論壇の注目を浴びた。第二次世界大戦後、天皇制のタブーが解かれると、服部は、絶対主義論と自由民権運動論に全精力を集中し、日本近代史の政治史的総合を図っていった。服部は同じ「講座派」に属しながらも、主流の山田盛太郎(もりたろう)・平野義太郎(よしたろう)と違って、国内の内発的発展を強調する立場にたち、上からのブルジョア革命と下からのブルジョア革命、政治史における指導と同盟、絶対主義天皇制の近代天皇制への性質転換など新しい見解を次々と発表していった。また史論家としても抜群の才能を発揮し、『黒船前後』『親鸞(しんらん)ノート』『近代日本のなりたち』などの名著を残し、『明治の政治家たち――原敬につらなる人々』上下巻は毎日出版文化賞を得た。文化運動にも熱心で、46年には鎌倉大学校(学長三枝博音(さいぐさひろと)、のち鎌倉アカデミアと改称)を創立し、教授となり、作家吉川英治らとも親交を深めた。昭和31年3月4日死去。[中村政則]
『『服部之総全集』全24巻(1973~76・福村出版) ▽『服部之総著作集』新装版・全七巻(1967・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の服部之総の言及

【安土桃山時代】より

…(2)は藤田五郎に代表される見解で,夫役経営(労働地代)を基本とする中世の農奴制的封建社会が,土一揆,一向一揆の過程を通じて,本百姓=隷農による小農民経営が成立し,生産物地代を中心とする,より純粋化した形の封建社会が成立したというものである。(3)は服部之総に代表される見解で,土一揆,一向一揆に代表される民衆の闘いと,倭寇から朱印船貿易にみられる海外発展は,あたかもヨーロッパの初期絶対主義時代に相当するという見解である。(4)は安良城盛昭に代表される見解で,中世=家父長的奴隷制社会のもとで名主百姓に従属していた名子・下人層が,みずから経営する土地を獲得することによって自立を達成し,領主―農奴という一元化された生産関係を基礎とした近世封建社会が成立したというものである。…

【鎌倉アカデミア】より

…戦争で手を汚さなかった教授陣を集め,文部省の中央集権的教育統制の外で,民主主義的な男女共学により,教授と学生とがお互いに鍛え合う学びの場をつくることを目ざした。初代校長飯塚友一郎の後をうけた三枝博音校長の下の陣容は,学監服部之総,教務課長菅井準一,文学科長林達夫,演劇科長村山知義,映画科長重宗和伸,産業科長早瀬利雄,図書部長片岡良一。のちに横浜市戸塚区小菅谷の旧海軍燃料廠に移転したが,財政難にアカの風評が重なり,50年9月に廃校となった。…

【親鸞】より

…近代になっても,伝統的な宗門組織のなかで生きる人々の間では,近世以来の親鸞伝が語り続けられていたが,昭和に入っても,親鸞の思想に傾倒した知識人は,三木清,亀井勝一郎をはじめ数多い。また親鸞を時代的な背景のなかで理解しようとした服部之総(はつとりしそう)の論は,第2次大戦後の親鸞理解に大きな影響を与えた。【大隅 和雄】。…

※「服部之総」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

服部之総の関連キーワードマルキシストマルクス主義者マルクスレーニン主義修正マルクス主義マルクシアンイタリア・マルクス主義西欧マルクス主義西ヨーヨッパ・マルクス主義マルクス主義経済学《マルクス主義講座》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

服部之総の関連情報