コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古万古 コバンコ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ばんこ【古万古】

万古焼のうち、創始者の沼浪弄山(ぬなみろうざん)が元文年間(1736~1741)から伊勢国小向(おぶけ)で焼いたもの。宝暦年間(1751~1764)江戸で焼いた江戸万古を含む場合もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の古万古の言及

【万古焼】より

…伊勢桑名の豪商沼波弄山(ぬなみろうざん)(1718‐77)が元文年間(1736‐41)に,別宅のあった朝日町小向(おぶけ)に窯を築き,いわゆる御庭焼を開始したのが万古焼である。製品に〈万古〉あるいは〈万古不易〉の印を捺したので万古焼と呼ばれ,弄山窯の作品は俗に古万古と称される。茶陶を写し,色絵や銅呈色の青釉陶に特色をみせた。…

※「古万古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古万古の関連キーワード桑名市博物館沼波弄山森有節

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android