コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万古焼 ばんこやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万古焼
ばんこやき

伊勢 (三重県) 桑名の商人沼浪弄山が江戸時代に創始した陶磁器。元文年間 (1736~41) に三重郡朝日村字小向 (おぶけ) に開窯して,オランダ趣味の赤絵付けを施した陶器を焼いたことに始る。弄山の窯は安永6 (77) 年に廃窯となったが,天保2 (1831) 年に同地に森有節が築窯して再興し,酒器や煎器を焼いた。また安政2 (55) 年に飯南郡射和 (いさわ) 村の国学者竹川竹斎が,弄山の『陶器伝書』によって自邸に築窯し,江戸や京都から陶工を招いて作陶させた。これらの万古焼は弄山の作を「弄山万古」または「古万古」,有節の作を「有節万古」「再興万古」「朝日万古」といい,竹斎の作を「射和万古」と呼んで区別している。天保以降,桑名や四日市に万古窯が多く開窯され,今日も盛んである。近年の作品は茶褐色の急須をはじめとする茶器や花瓶,日用雑器が主体。なお,万古焼には各時代にそれぞれ特色のある「萬古」の銘印が押されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばんこ‐やき【万古焼】

陶器の一。元文年間(1736~1741)伊勢国桑名の沼浪弄山(ぬなみろうざん)が小向(おぶけ)で創始。赤絵にすぐれ、万古の文字を印した。また、青磁も製し、万古青磁の名がある。明治以降四日市を中心に急須を主とした赤土・素焼きのものが多く作られ、四日市万古とよばれる。→古万古(こばんこ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

万古焼【ばんこやき】

三重県産の陶器。元文年間に桑名の豪商沼波弄山(ぬなみろうざん)が桑名の小向(おぶけ)で創業,更紗(さらさ)文様の赤絵など異色の製品を焼いた。製品に〈万古〉あるいは〈万古不易〉と捺印したため万古焼と呼ばれる。
→関連項目四日市[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんこやき【万古焼】

三重県の陶芸。伊勢桑名の豪商沼波弄山(ぬなみろうざん)(1718‐77)が元文年間(1736‐41)に,別宅のあった朝日町小向(おぶけ)に窯を築き,いわゆる御庭焼を開始したのが万古焼である。製品に〈万古〉あるいは〈万古不易〉の印を捺したので万古焼と呼ばれ,弄山窯の作品は俗に古万古と称される。茶陶を写し,色絵や銅呈色の青釉陶に特色をみせた。とくに赤を基調とする色絵は独特のもので,異国趣味の更紗文様を好んで描き込んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばんこやき【万古焼】

陶器の一。元文年間(1736~1741)に伊勢国桑名の沼波弄山ぬなみろうざんの創始したもの。赤絵に秀作が多く、古万古・弄山万古と呼ばれ、弄山が江戸で製作したものは江戸万古の名がある。中絶後天保年間(1830~1844)に再興され、現在は四日市などで、褐色・朱褐色の急須を中心とする四日市万古と呼ばれるものが作られている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万古焼
ばんこやき

三重県の代表的な陶窯。桑名の豪商沼浪弄山(ぬなみろうざん)(1719―77)が江戸中期に開窯した。弄山は茶道をよくし、楽焼(らくやき)から入って高火度釉陶(ゆうとう)に至るが、元文(げんぶん)年間(1736~41)別邸のあった三重県朝日町小向(おぶけ)に開窯。万古不易の意から、作品に「万古」の押印をつけたのでこの名称がある。弄山窯は一般に「古(こ)万古焼」と称し、色絵陶器、銅呈色の緑釉陶(万古青磁)に特色を発揮した。とくに意匠が斬新(ざんしん)で、オランダ意匠を取り入れ、更紗(さらさ)文様も好んで用いている。趣味性の強いものであったが、殖産性も高く、大量に販売され、宝暦(ほうれき)年間(1751~64)には江戸にも進出して向島(むこうじま)に支窯を設け、「江戸万古」と称した。しかし、弄山没後まもなく廃窯となった。
 その後、古万古窯から分かれた良助(よしすけ)が津に安東(あんとう)焼をおこし、1831年(天保2)には桑名の森有節(ゆうせつ)が小向に窯を再興し、世に「有節万古」の名で知られるが、古万古に対して再興万古ともいい、煎茶器(せんちゃき)や酒器が多い。また1853年(嘉永6)には同地で倉田久八(きゅうはち)が「再興安東」(別称阿漕(あこぎ)焼)をおこし、56年(安政3)には弄山の縁続きになる竹川竹斎が松坂の射和(いざわ)で「射和万古」を開窯したが、数多い万古系窯のなかでは射和がもっとも古万古の遺風を伝える。明治初期には有節万古を導入して「四日市万古」が開かれ、煎茶道具が多く焼かれている。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の万古焼の言及

【伊勢国】より

…工業では,鋳物・刀剣・鐔(つば)を産し,造船用の釘も製造された。陶器には四日市を中心とする万古(ばんこ)焼などがあり,漆器も桑名,山田で造られた。丹生の水銀を原料とする化粧用の軽粉や,製薬では万金丹が知られた。…

【本所】より

…東京都墨田区南部の地名。隅田川東岸に位置し,1~4丁目に分かれる。1868年(明治1)東京府に編入され,78年本所区が成立。1944年向島区と合併し,墨田区となった。江戸初期には農村であり,本所村,中之郷村と呼ばれた一帯は,明暦の大火(1657)の後,急速に市街地として開発された。1660年(万治3)に本所築地奉行が設置され,竪(たて)川,横川,十間(じつけん)川,南割(みなみわり)下水などの堀がつくられ,低地を埋め立てて宅地が造成された。…

【四日市[市]】より

…17世紀中ごろには700戸ほどだったが,19世紀初めには町方だけで1628戸,天保年間(1830‐44)にはさらに1811戸・7114人と増え,旅籠屋(はたごや)は98軒にも達し隆盛であった。幕末に山中忠左衛門が興した万古(ばんこ)焼が現在も特産物になっている。【深谷 克己】。…

※「万古焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万古焼の関連キーワード四日市[市]山中忠左衛門桑名市博物館田島万古焼川村 又助佐伯孫三郎川村又助二本松藩四日市市三浦乾也清水平七磯村白斎温故焼福島県こばん鸞亭

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万古焼の関連情報